新感覚!子どものコロリアージュ塗り絵

おすすめ大人の塗り絵

これもコロリアージュ塗り絵でしょ!
『ぬりえで めちゃめちゃ あそぶっく』

 

大人の塗り絵でコロリアージュ塗り絵に人気がありますが、子供向けの塗り絵でも、これはコロリアージュ塗り絵だな と思えるものがあるので紹介します。

ポプラ社から出版されている『ぬりえで めちゃめちゃ あそぶっく』シリーズ。

いつも通っている大手書店では、子ども向けの塗り絵は、大人の塗り絵に比べ本の数が少ないんですが、この本は子どもの知育関連のコーナーにありました。

 

『ぬりえで めちゃめちゃ あそぶっく』
・あそべる知育ブック! 思考力・想像力・集中力
・イギリスで大ヒットさがしえとぬりえがひとつになった! 新感覚ぬりえ!
・対象年齢 3さい~
 ポプラ社

 

動きのあるポップな絵で、本を眺めているだけでも、にぎやかでとても楽しくなる塗り絵です。

本のサイズはA4程度の96ページで、たくさんの楽しい塗り絵がびっしり描かれています。

本の帯のシートに、さがしえとぬりえがひとつになった! とあるように、塗り絵の中に吹き出しで‥

 

「ネコを 6ぴき みつけて いろを ぬって!」

「おばねが ながーい トリが いるね。いろの ついていない 5わに いろを ぬろう。」

「いろの ついていない チョウが 6ぴき いるよ。すきな いろを ぬってみよう。」

 

と、読者に言葉がけをしながら、さがしえ的に、自然に塗り絵へうながすような展開になっています。

それが、自然に絵にとけこみ一体感があって、楽しい気分にさせてくれます。

塗り絵でこういう構成も新感覚でいいな、と思いますが、これとちょっと似たタイプの塗り絵があるのに気づきました。

大人のコロリアージュ塗り絵の『ひみつの花園』です。

塗り絵の中に、詩的な言葉がけの文字が控えめにあり、塗り絵を誘っています。

そんな視点で見ると、『ぬりえで めちゃめちゃ あそぶっく』の塗り絵は、子どものコロリアージュ塗り絵 のようにも感じられます。

どちらも、絵はイギリスの作家さんなので、イギリスではこういった塗り絵が多いのかな、と思いました。

数年前になりますが、『ぬりえで めちゃめちゃ あそぶっく』の絵がポップでにぎやかで可愛く楽しいので1冊購入し、本棚にMYコレクションしてます。

 

ちょっと中の絵をのぞいでみましょう。

 

 

 

 

植物やいろいろないきもの、人、のりもの、街並み、模様がたくさんびっしり描かれています。

子どものコロリアージュ塗り絵だと思うんですがいかがでしょうか。

ところどころピンポイントで色が付いていて、塗り絵を誘っていますが、塗らなくて見ているだけでも元気になります。

『ぬりえで めちゃめちゃ あそぶっく』はポプラ社から2013年に出版され、自分で購入した本ではすでに10刷されているので、人気の塗り絵です。

出版して年数はたっていますけど、今見ても絵がポップなので新鮮なイメージが伝わってきます。

『ぬりえで めちゃめちゃ あそぶっく』はシリーズで4冊出版されているので次に紹介します。

 

『ぬりえで めちゃめちゃ あそぶっく』シリーズ4冊紹介

 

どれも楽しい本で、子ども向けでなくても大人でも十分楽しめる塗り絵だと思います。

どれにするか、選ぶのに迷いますが、アマゾンのレビューでもおおむね好評です。

 

・塗りごたえあり!
・子供のために購入しましたが、自分がやっています。(笑)
・ただの塗り絵より面白い。
・4歳の甥っ子へプレゼント
・めちゃめちゃ楽しい
・誕生日プレゼント。
・買ってよかったです
・大変気に入りました
・全部塗らないから意欲が続く
・思い出に保管するにも最適!
・クリスマスプレゼントに購入
・姪っ子へのプレゼント
・満足
・可愛い!

 

 

※シリーズ4冊の詳細は画像をクリック

 

 

お子さんへのプレゼントで1冊、いかがでしょう。
僕は自分専用で1冊購入しました。。